30代友達いない寂しい大人の友情の作り方

30代になって友達がおらず休日が寂しい

30代になってしまうと、周りも結婚していたり、子供が出来ていたり、仕事が忙しくなかなか会う機会もめっきり減ってしまい、また新しい友達を作るというのもリアルな現実では難しいもの。

たまに何もしない休日、誰もいないと孤独が押し寄せてきて寂しく感じますよね

共感

  • 休日やることが毎回同じ事の繰り返しでハリのない日々が続いている
  • 友人はいるけど結婚したり子供もいたりで時間が合わない
  • 20代に比べて価値観が変わる人も多くなかなか同じ価値観が合う人がいない
  • ちょっとした休みで今日遊ぼうというパターンが少ない
  • 積極的に友達を探そうという気力も実はない
  • 友達今0でも平日ちょろっとやるだけで友達は増えます
  • 孤独だからといって負け組じゃありません。
  • 友達いない30代なんて割と多いものです自分だけじゃありません

今の時代、スマートフォン1台あれば新しい友達作りは十分可能です。

多様性のある時代ですから30代で孤独な人も多くおり今では普通。昔に比べて遥かに簡単になりました。ただ、自分がいかに受け入れられる体制をとるかだけです。

30代友達ができずに寂しい思いをする原因

  • 時間がない、割と面倒臭い、だけど寂しいという矛盾
  • 価値観が合う人を探すのは30代と割と難しい
  • 30代になるとだれからから友達になろうと言われることはない
  • 家族持ち、子供持ちも多い

大人になればなるほど、友達を作るというのは面倒くさくなることは仕方ないことです。

小さい頃に比べて周りの知らないところに遊ぼうと言ってすぐに友達になるというようなこともなかなか難しいです。

まずは普通に出ようとしても職業柄や年収などの壁が立ちはだかり、さらに友達付き合いが難しくなるということも間違いありません。

30代友達居ない状態から友人を作る解決方法

  • 趣味系のSNSやブログを開設し、同じような価値観の人と交流する
  • 異業種交流会に参加する
  • 習い事を初めてみる
  • 居酒屋の常連になって常連仲間と仲良くなる
  • マッチングアプリで友達探し

リアルな出会いで友達を作るというのであれば、まず手短に、普段行き慣れている個人でやってる居酒屋で飲み仲間を作るというのは未だに有効なやり方です。

お酒の席であれば普段出せない自分も出せますし、相手も同じこと同じ飲み屋にいる仲間というところで連帯意識も芽生えます。

飲み仲間から盛り上がって一緒に遊びに行くということもよくある話で、周りが仲良かったら、グループで旅行にということも少なくありません。

スポーツをきっかで友達を見つける

またリアルで友達を作るので有ればスポーツからきっかけで出会うというのは良いやり方です。

一緒にスポーツをするというのは連帯感も生まれ何より気分も開放的で話しやすいまた競技について話すというきっかけもあるので年齢を問わず友達を作ることができます。

三十代からでもサーフィンを始めてみたりテニスやゴルフなどやれる範囲でやってみるのも良いでしょう。

お金がなかったらマラソン系でスポーツクラブが主催ししているイベントに参加するというのも良いきっかけです。

SNSやブログで自分を発信し共感する友人を見つける

ネットで友達を探すのであれば、趣味のSNSを開設し、そこから新しい出会いを探して行ったり、仲の良さそうな人共感できる人を探していくというのは一つの方法です。

趣味に特化したアカウントをSNS上、特にTwitterで持っておくと共感してくれる人も多く、そこからきっかけで友達を見つけることは十分可能です。

手短に探すならマッチングアプリは超便利

手短に今日暇だから会いたい、飲み友達が欲しいというのであれば、マッチングアプリがオススメです。

マッチングアプリであれば近所の人同士あってその日食事に行くというような使い方もできます。

特に女性も、今日暇で相手が誰もいないんだけど、ご飯1人では寂しいというようなことも多いので、そんな人と出会うというのは良いきっかけになります。

そこから発展して恋人になるということもありますし、ご飯友達になるということも

ベネフィット
毎日ライン通知が多くなります。

上京したけど友達がいない寂しい心を支えてくれる友達の作り方

上京したけど友人知人は地元で友達がひとりもおらず寂しい

地元だと友達はたくさんいたけど、いざ上京してみると、頼れる人間は誰1人おらず家に帰っても自分だけ今までなかった、孤独に押し潰されそうになっている現状を友人知人もおらず、どうしたらいいかわからない。

共感

  • 慣れない土地でひとりでいるのはいろいろ堪えるものがありますよね
  • せっかくの新しい土地に来たのに土日やることがないのは寂しい
  • 以外とやることは多いので友達探す時間も見つからない
  • 今日暇だなぁ寂しいなぁと思う上京者は多いので意外とすぐ友達見つかります。

新しい土地慣れない土地で新しい人生を歩むと周りには誰1人知り合いもおらず、常に孤独を付きまとう状態となってしまいます。

私も上京したてはそうでしたしかし、新しい出会いのチャンスとも言っていいでしょう。

その孤独を受け入れ、新しい出会いを見つければ自然と友人も増えていきます

オススメなのは当面の資金をどうにかするためのバイトを始めるというところがベターでしょう。

多少きつくてもいろんな人と知り合えるようなバイトを選べば友達を多く作ることは意外と簡単です。

上京しても友達ができない原因

  • 思った以上にやることが多いので友達を増やすようなイベントに参加しにくい
  • 上京して仕事しても周りの年齢層が違うと友達が全然できない
  • 使えるお金が限られているので行動力が落ちる

だって、は、どうしてもやることも多く、新しい土地を慣れるためにも色々やらなくてはいけません。

家具を揃えたり、料理を覚えたり、知らない土地の土地勘を得るために動いてみたりはたまたもう既に就職が決まっている場合はすぐ仕事をしなくてはいけません。

意外と感じるのは時間がないということと。

出費が意外とかさむということ、友達を作ろうとしてもある程度まとまった時間は必要となってきますですが、その時間も得ることができないので友達が作りにくくなっているという点。

またある程度年齢がいってしまうと壁ができてしまい、人間関係が煩わしくなってしまうというのも一つの原因でしょう。

上京して友達がいない場合の心を埋める解決

  • SNSやブログを活用して発信する、同じ境遇の人がいれば積極的に絡む男性女性問わず
  • 地元が近い街コンに参加し異性の友達を探す
  • 趣味があれば趣味関連のオフ会に参加
  • 時間があれば同世代が多いバイトをする
  • マッチングアプリで同じ境遇の人を探すと見つかりやすい

学生であればまずバイトを始めてみるというのが一番友達を作りやすいきっかけになります。

同世代が多そうなアルバイトを探すというのがオススメ、時給が高くても年齢層が高いところや1人でやらなきゃいけないというバイトよりも、みんなでワイワイできる、バイトの方がいいです。

特に居酒屋やファーストフードゲームセンターなどは比較的出会いやすい職場あえてオシャレなカフェに行くというのも人間関係が広がります。

時給自体は昼の仕事だとあんまり高くはありませんが、これは友達を作るついでと割り切ってバイトを始めるといいかもしれません。

仲良くなれば一緒に遊びに行ったり飲み会を開催するなどもあるのでオススメ。

ネットであればSNSやブログで積極的発信

ネットで出会う場合は、SNSを使って寂しさをアピールするというのもいいでしょう。

また、せっかく都会に来たわけですから、趣味の活動を広げるようにするといいかもしれません。

イベントごとも地方では考えられないくらいに頻繁にあるので、自分が気になるイベントごとに毎回足を運び、同じ参加する人とSNSで繋がってリアルに会うというのもひとつのやり方です。

そこから友好関係を広げるというのは、おすすめのやり方

上京して寂しい人同士をつなげるマッチングアプリを利用する

恋人ついでに友人を探すと言うので有れば、マッチングアプリがおすすめマッチングアプリは寂しいという気持ちにすっと入ってくれたアプリと言っていいでしょう。

Twitterと違って、本当に出会いたい人向けに開発されているので煩わしさはありません。

飲み友達やご飯友達を探す目的で気軽に会うことができますし、話が合えばいずれ恋人になるということも

ベネフィット
上京した新しい土地でも楽しいと思える毎日がやってきます

大学生異性の友達ができないのは人生損すぐに作りましょう

大学生になっても異性の友達ができずに寂しい

大学も学部によっては男性しかおらず、女性がごくごく少数という場合もあります。

そうなってしまうとどうしても大学という共通の話題がなくなり、異性の友達も少ないという現実が待っています。

大学時代は人生においても思い出深い年代、この頃に異性の友達がいるか居ないかで今後の人生の思い出はバラ色かくすんだ色か大きく別れます。

共感

  • やっと大学に入学したのに異性の友達なんて全然できない期待はずれ
  • 自分の学部だと男ばかりで異性のいの字もない
  • ちょっとだけファッションを変えるだけで変化が出ます

ただし、大学生という、ある程度時間に余裕があれば異性の友達を作るのは意外と簡単なこと。

ある程度自分の活動を増やす必要はありますが、趣味から夜バイトからなど新しい異性の出会いを期待できます。

大学生異性の友達がいないできない原因

  • 学部によっては異性がいない場合も多い、理工学部だと男性ばかりという自体も
  • 大学によっては男女比が偏っている場合もある
  • 入学した大学の肌が合わない
  • 大学に入っても同じようなタイプとしかツルまない
  • 異性慣れしていないので場数が少ない

大学や大学の学部によっては、女子が本当にいないなんてことは多くあります。

特に理工学部になるとほとんど男だらけ、仮に女性がいたとしても、果てしない競争の中で勝ち抜いた1人がその子をゲットする。

また女性だとしても話が合うか合わないかという別の問題も出てきます。

完全にレッドオーシャンの中で友達を作らなきゃいけないというのは正直ハードルが高い。

自分のせいではなくて、あくまで自分が身を置いた環境が悪いということです、性格の問題ではないので安心してください。

大学生異性の友達を作る解決方法は女性が多い場所に自ら進んで突入する

  • 異性の多いサークルに参加する
  • 趣味のSNSからオフ会に参加
  • 異性の多いバイトをする
  • 服装をおしゃれにする、清潔感重視
  • 大学生であれば異性の居ないと悩む人も多くマッチングアプリを利用

大学内で出会いがない場合は、サークルで女性が多いところに目的もなく入ってしまうというのは一つのやり方。

とにかく女性と知り合うきっかけがない限りは友達を作るというのは正直難しいです。

今の自分の何もない状態から、女性が話しかけてくれるなんて言葉、まずありません。

異性が多いバイトをする

学費や生活費を稼ぐためにバイトをしているのであれば、女性が多くいるようなところでバイトをするようにしましょう。

時給がいいからといって工事現場を選んだとしたら出会えるのは年上のおっさんしかいない。

または、ガチ系の女性しかいないので難しいです。

できれば、スターバックスやといったおしゃれなカフェでバイトをするとお客さんやまた店員とも仲良くなれます。

忙しいですが居酒屋もいいでしょう。

多少時給は落ちてしまいますが人間関係の幅は大きく広がるのでおすすめします。

自分はコミュ障だから接客業は苦手

と言いますが、これも結局のところ、場数をこなしていけば慣れる問題、将来的にも役立つ接客スキルですから、やってみても損はするということはありません。

暇な時間をSNSに活用して異性の友達を探す

ネットで出会うのであれば、ツイッターを活用した、趣味の活動を広げてみるのがオススメのヤリ方。

趣味から話題があれば共通の話題で盛り上がりますし、同世代であれば難なく仲良くなるチャンスも多く広がります。

オフ会をきっかけに会って友達ができるということも。

大学生だとその点は年齢的にもちょうどいい世代なので、社会人とも高校生とも同じ大学生とも仲良くなりやすいです。

マッチングアプリであれば時間もかからず異性の友達が探せる

いいバイトもないし、大学が忙しくてなかなか新しい活動ができないというのであればマッチングアプリをおすすめします。

マッチングアプリはあなたみたいな状況で友達が欲しいなぁという人もたくさんいます。

昔に比べて出会いサイトのような怪しさもなくなり、リアルな出会いが得られるようになりました。

プロフィールは多少気を使う必要はありますがそこから発展してご飯に行きましょう、ちょっとランチに行きませんか、飲みに行きましょうと言った、簡単な出会いが期待できます。

実際ただご飯だけ食って終わりということもたまにはありますが昔に比べて、出会えないということはなくなりました。

気兼ねなく出来ますし、ちょっとした寝る前や休憩の間でもポチポチと、スマートフォンをいじるだけで新しいコミュニケーションの世界が広がるのでオススメです寝る前のちょっとした15分から20分の時間がわりと楽しかったりしますよ。

ベネフィット
学業に恋愛に友達に休日も充実した大学生活をおくれます。

飲み友達が欲しいモテなくても気軽に誘える女子を増やすやり方

飲み友達が欲しい…

お酒は大好きだけど一人で飲むのはさびしいものです。

だれか今日飲みたいから付き合ってくれませんかといって来てくれるような気軽なともだちが欲しい。

仕事の帰りにお風呂上がり、ひとりビールを飲んで一息つくというのも至福な時間です。

しかしやはりみんなで盛り上がってお酒を囲んでワイワイする方が楽しいですよね。

しかし社会人になってからそういう関係も少なくなったと感じていませんか

  • 共感
    飲みたいーといってわらわらと来てくれた学生時代は楽しかったですよね。
  • 急に飲みたいと思っても相手が居ない日は寂しく一人飲みという日が増えていませんか
  • たまには違う人お酒呑んで楽しい日を過ごしたいですよね。
  • 暇な時飲み友できたらストレスが減って仕事も充実できました。

お酒はひとりで飲むよりも、みんなで楽しく飲む方が良い効果を生み出してくれます。

いま現状友達がいなくてもすぐに友達が増えて楽しいお酒の席が増やすことは十分可能です。

飲み友達が欲しくてもできない原因

  • 社会人のスケジュールが合わない、会うのは同じ職場の人になりがち
  • 予定を立てる気力がおきない

社会人になるとどうしてもみんなで集まったり、友達を呼んで飲みに行こうと言ってもスケジュール管理がなかなかできない。

仮にスケジュールを立てたとしても、その日に会うというのも集まりにくくなってしまいます。

それは年齢を重ねれば重ねるほど彼女付き合いだったり、家族サービスがあったりとより難しくなってしまいます。

学生の頃のようにグループでLINEを回して、今日飲み会開催ねーと言った形で会うというのは正直難しいでしょう。

社会人であれば、社会人になりに新しいコミュニティを見つけるやり方をオススメします

飲み友達欲しい場合非モテでも見つける解決方法はネットを活用

一番簡単な方法は、飲み屋の常連になって常連客同士の繋がりで仲良くなるというのは一番簡単かつオススメのやり方。

いつもいる常連さんと会うことができれば仲間意識もありますし、よりライトな付き合いができるという点で自分のプライベートが崩されることもありません。

あまり深く付き合わなくても飲み屋の常連同士仲良くできればお酒も寂しく飲む必要もなくなります。

バーに行ってマスターや常連と会話

ある程度お金に余裕があればバーに行くというのも一つの方法一人で飲んでいてもバーテンダーさんと気軽な会話を楽しむことができます。

バーテンダーさんは接客のプロですからこちらの話したいことや聞いて欲しいことを言葉巧みに誘導してくれて気持ち良いお酒を飲むことができます。

またバーの常連さんとも仲良くなることもあるので大人のお酒を楽しむことができます。

ガールズバーというやり方も悪くはありません多少お金ははってしまいますが現役の大学生と新しいカルチャーを知ることもできますし気が合えばい一緒に遊ぶというチャンスも広がっています。

異業種交流会を飲みの席に使う

変則的ではありますが異業種交流会の後の懇談会によるのみというのも偶には悪くありません。

自分の知らない業界の話を聞くこともできますし新しい発見や新しい人間関係を構築することもライトな付き合いになってしまいますが、新しいイノベーションを吸収できるのは悪くありません。

相席居酒屋で割り切って飲む

どうしても誰かと飲みたいという場合は、相席居酒屋に行くといいです。

相席居酒屋は男性が女性分の飲み代を払う必要はありますが、確実におしゃべりできるというメリット。

酒だけ飲みたいという女性もいるので、ちょっと厄介かもしれませんが、割り切れる人であればないどは軽いです。

街コンに参加

街コンに参加するというのも一つの方法。

新しい出会いを見つけるのであれば、街コンは、最近の便利な、イベント、ある程度トーク力は必要になります。

趣味から発展した街コンであれば、会話の引き出しも多く話しやすいかと思います。

特にアニメやゲームが好きだったらアニメ専門の街コンに行くというのも一つの方法。

新しい飲み友達を近所で探したいので有れば、マッチングアプリ

新しい人間関係を模索して構築していくというのは思った以上に労力を使います。

しかし今、スマートフォン1台あればそれも簡単にできるようになった時代、マッチングアプリがあれば近所に一緒に今から飲みたいという人を探すことは容易になっています。

特に繁華街で募集をかければその日に探して1人から3人くらいは会うことが可能です。

特に週末暇で1人誰か飲みませんかと、具体的なプランをたてれば意外と引っかかるものです。

週末飲みたいなぁ、だけど、今日も1人飲みかというようなことを考えている人も多くいるので、そんな時マッチングアプリを立ち上げれば新しい出会いをゲットすることは簡単です。

ベネフィット
休日の暇で悲しいという日はなくなります。

社会人になって異性の友達がない休日寂しい

社会人になって異性の友達がない、休日寂しい

社会人になると極端に出会いというものは少なくなります。

それも会社にいなくてはいけないというのと同じことの繰り返しが基本だから。

大抵の人は社会人になって出会いがホント無くなったよね。

ということが、愚痴を言う日々が多いです。

共感

  • ちょっとお酒を飲みに行ったりおしゃれなお店に付き合ってくれるような異性の友達が欲しい
  • 一緒に旅行いってくれるような人が欲しい
  • 社会人になって本当に出会いがなくなるし友達とも疎遠になりますよね。
  • 休日にやっていることがいつも同じような感じでハリがない

仕事と家の往復で毎日が過ぎていって、休日もアグレッシブに活動できるかというと寝てばかり家事もやらなきゃいけない。

そんな日々でもちょっと工夫さえすれば異性と出会うことはできます。

今の時代、スマートフォン1台あればいくらでも異性と出会うことは簡単になっています。

社会人になって異性の友達ができない原因

  • 社会人になって仕事中心なので余裕がない
  • 社会的な立場もあるのでバカはできない
  • 大人になって腹を下がるようになってしまって踏み込めない

とにかく時間がないに尽きます。

会社に行って家に帰るとだいたい夜8時、そこから食事をしたり、風呂に入ったり、明日の準備をするとあっという間に寝る時間。

昔のように夜中までLINEや電話で話すという心と体の余裕もなくなっているはずです。

昔は徹夜しても明日徹夜で適当にやってりゃいいや、というわけにもいかなくなっていますし、結局は仕事中心の生活になってしまいます。

社会人でも異性の友達を作る解決方法

  • 習い事から知り合いを増やしてみる
  • ボランティア活動をしている人は心にも余裕がある
  • スポーツを通じて知り合う
  • ゲームや漫画のオフ会に参加する
  • ネットでプロフィール公開して暇な時間に相手する

社会人は時間がとにかくありませんから、やれる範囲で異性の友達を増やすというようにしなくちゃいけません。

がむしゃらに動いていても疲れるだけ

リアルで異性の友達を探すなら趣味の延長から出会う

リアルであればスポーツクラブやボランティア活動新しい趣味の活動を広げてみるというのが一番のやり方。

社会人になるとどうしてもストレスがたまるのでそれを解消するための趣味は一つや二つ見つけておくべきです。

デスクワークであれば運動系の趣味肉体労働であればインドアの趣味と心と体を分けた趣味を持つといいです。

普段から外で働くことが多いのであれば料理を趣味にして料理スクールに行ってみるですインドアであればなれない、サーフィンに行ってみたり、ゴルフを習ってみるなど趣味をきっかけだと異性とも共通の話題で話しやすくなります。

SNSやネットを活用して異性の友達を探す

SNSを活用したオフ会に参加するアニメやゲームに寛容になった社会。

社会人でもアニメやゲームを楽しんでいる人は多くいます。

それをきっかけに出会う、特にオフ会に参加するというのはオススメのやり方。

さすがに30代過ぎるときつくはなってしまいますが20代であればガンガン参加するべき。

同性との出会いも多く新しい価値観のある友人とも出会えることでしょう。

マッチングアプリで同じような悩みの異性と知り合う

社会人になって男友達全然いなくなったというような同じような悩みを持つ女性は男性と同様に存在します。

一昔であれば、そんな人同士すれ違っていましたが、今ではスマートフォンのアプリでマッチングアプリを使用すればお互い社会人で異性の友達がいないという同士集まることが簡単になっています。

社会人同士であれば、お互い愚痴も言いやすいですし、社会人という社会的ステータスもあるので切実さも兼ね備えているので会いやすい。

お互い時間も余裕もあまりないというのも理解しているので、簡単な食事や軽く遊ぶということもやりやすくなっているでしょう

ベネフィット
休日暇で寂しいということはなくなります。

飲みたいけど友達がいない寂しいおしゃれなところに行きたい

飲みたいけど、友達がいない寂しい

飲みに行きたいけど友達がおらずいつもファミレスで一人飲みか自宅で飲むしかないたまにはわいわいと楽しい飲みがしたい

  • 共感
    年齢をかさねると気軽に飲みに行こうと誘える相手も減ります。
  • 一人で飲むのも悪くはないけどたまには一緒に楽しめる相手欲しいですよね
  • 一人飲みは気楽だけどいつもは寂しい
  • ちょっと暇な時相手いたらなぁと考えるときありますよね
  • 飲み行こうという友達はいるけどなかなかタイミングが合わない

    お酒も赤も大人数でワイワイ、仲の良い仲間と一緒に飲む方が楽しくて思い出にも残ります。

しかし年齢を重ねるとどうしても飲みに行こうにも相手がおらず、ついつい1人で飲んでしまうということ多いですよね。

コンビニでお酒買っておつまみ買って1人で飲むたまには悪くないですがずっと続くと寂しいなぁと感じてしまいます。

できればもっとワイワイと飲めるような頻度を増やしたいですよね。

大学の中であれば社会的責任も少なく、時間もある程度余裕があるので、お金こそ少なくてもみんなでどっかで集まって宅飲みとか安い居酒屋でワイワイ騒げるということができるようになりました。

しかし社会人になって社会的責任を持ち、しかも集合は拘束時間身体の負担も考えながらお酒を楽しまなくてはいけないため、どうしても一緒に集まって飲むというのは難しくなってしまうのは仕方ありません。

さらに会社の付き合いでの飲みというのもあり、歓送迎会や上司と飲む、同僚と飲んだり部下と飲む。

あまり楽しくはないですが、コミュニケーションを取るという上では必要なため仕方なしに美味しくない酒をお腹に詰める日々。

これは皆が通る道なので仕方ありません

飲みたいけど友達がいない原因

  • 社会人になるとお互いのスケジュールが合わない
  • 大人になると気の合う友達気兼ねない相手を探すのは大変
  • 急に暇な時飲みに付き合う相手を探すのは大学生くらい

飲みたいけど友達がいない解決方法はネットを活用

飲みたいけど友達がいないならネットを活用しましょう。

今ならスマホ片手にいくらでも新しいコミュニケーションを作れるようになっている時代。

活用しない手はありません。

ネットのライブ飲み

ネットを通じて飲み会をするというコミュニティーがあるので、そちらに参加すれば家にいながらでも画面上で繋がれて、お酒を飲むというライブ感を味わうことができます。

ネットライブの飲みのメリットは途中退席してもオッケーだし、酔いつぶれても自宅だから安心。

安い酒でも大丈夫というメリットも。

気兼ねなくできる方法なので1度は参加することをおすすめします。

行きつけの居酒屋で友達を探す

鉄板な方法としては、行きつけの飲み屋を一つか二つ見つけて、そこの常連になるということ。

そこで知り合うとマスターや女将さん、もしくは行きつけの常連さん達と仲良くなり、そこから会話も弾み、いつもより楽しいのみが得ることができます。

飲み付きのイベントに参加する懇談会だと飲み付き

何かしらのセミナーに参加すると、懇親会あり、というようなパターンがよくあります。

別途3500円程度かかりますが、そういうものに参加すると普段知り合わないような人と気兼ねなくお酒を飲むことができます。

色んな職業の人と立場を超えて話すというのは色んな刺激があり、充実した1日になります。

懇親会ですからそんなに良い料理はありません。トーク主体になりますが、オススメ

飲みありの婚活パーティーに参加

女性の中には飲み食いだけを目的に参加している人も少なくありません。

女性は安いですからちょっとおしゃれして、わりといいイケメンがいたらいいなー程度の扱いで参加する人も。

中には人妻で参加している人もいますこちらも割り切って、女性とおしゃべりしながらお酒が飲めるとやってしまえばそれなりに楽しむことは十分可能です。

マッチングアプリで飲み友を探す

街ぐアプリであれば今日飲みたいとか近いうちに飲みたいという人を探すことは簡単になりました。

地域検索すればそこら辺にいる手頃な人を見つけ一緒に飲みませんかとメッセージを送ることも容易に。

うまくタイミングが合えばその日に誘い出して一緒にお酒を飲むことも。

特に金曜日や土曜の繁華街あたりで探し見ると簡単に見つけることができます

交流が盛んなバーに行く

1人で飲むのが寂しいのであれば、鉄板ですが、バーに行くということ。

バーに行けばトーク力がすごいマスターもいますし、常連さんと何気ない会話をするだけでも大人の会話ができます。

お酒代は居酒屋と違ってやや高めですから1件2件目で軽く飲んでその後に食後酒を楽しむという形でバーに入るというのが一番の良いやり方。

ある程度形を崩してガールズバーに行くというのもいいでしょう

ベネフィット
休日のお酒が楽しい日になれます

休み暇友達居ない寂しい無駄に過ごすのをどうにかしたやり方

せっかくの休日なのに遊んでくれる人がいない、休日を無駄に過ごすことが多くて寂しい

社会人の休日友達や彼女がいないと何をしているかというと意外と家でゴロゴロして昼外に出外に出て外食ぼんやりしていたら、もう夕方で、明日は仕事だからと早めに家に帰って1日が終了。

何やってんだろうなぁと思ってしまいつつも、そんな毎日が繰り返される日々、休日も1人寂しいとふと考えてしまいませんか?

  • 共感
    社会人になると友達をつくるのも難しくなりがちですよね。
  • 一人で楽しむ趣味も限界があるので
  • 年齢を重ねると遊び相手減りますよね。
  • 一人でいると孤独に押しつぶされそうになることしばしばあります
  • 家と会社の往復でなんのために生きているのか繋がりが欲しくなりますよね

同じような日々の繰り返しというのは、1年があっという間に早く過ぎ去ってしまいます。

何か刺激がない日々がないと生きていてもつまらない、そして何やってきたんだろう自分という後悔の念しか残りません。

刺激を、ある休日にするためにも仲間は必要です。

休日友達いない寂しい休日を過ごしてしまう原因

  • 社会人になるとお互いのスケジュールが合わない
  • 価値観が変わってくるため、気のいい相手がみつかりにくい
  • 時間が合わないことが多い

社会人同士、休日にスケジュールがちょうど合って一緒に遊ぶという日は限りなく少なくなります。

同僚だったのはまだしも、会社が別々だと友達同士スケジュールを合わすのも数ヶ月先とかということもザラではないでしょうか。

いつもある休日に関しても、スケジュールが入っていないとどうしても1人になりがち。

恋人やパートナーが常にいればそれこそ充実するかもしれません。

独身の場合は孤独になりがち、そして、夕方頃に寂しさが溢れてきます。

休日友達いない寂しい解決方法自分で動くしかない

休日は体と心を休める大切な日ですが、何か充実した良い日だったなぁと記憶に残るのであれば、自分から動く必要があります。

できればそれは平日中に済ませ、休日はさぁやるぞというようなイベントを合わせるといい感じです。

ネットのオフ会に参加する

趣味が合うようなものがあれば、ネットのオフ会に参加することをおすすめします。

今ではオフ会もTwitterやFacebookで簡単に手軽にできるようになりました。

昔こそをオフ会と言うとアングラな形でオタクしかいなかったですが、今ではカジュアルな集まりとなっています。

インドア派からアウトドアは様々あり、自分が好きな趣味であれば同じような仲間と知り合い、良い刺激となります。

ボランティアに参加する

気持ちに余裕があればボランティアに参加するということをおすすめします。

ボランティアに参加される人は基本的に心に余裕がある人ばかりで話していても気持ちがいい、自分の荒んだ心が浄化されるような良い空気をもらうことができます。

そして何よりもボランティアでいいことをしたという記憶は常に残り、自分は社会に役に立っているんだという気持ちさえ芽生えます。

スポーツのイベントに参加

地方自治体のスポーツイベントに参加されるというのは、おすすめ、特にジョギング関係の一緒にやりましょう。

という集まりは頻繁に募集しているので、自治体や近所のスポーツクラブの掲示板をマメに確認してみるといいでしょう。

フットサルやロードバイクなどの集まりも募集していることがあります。

個人で楽しめる趣味を充実させる

休日1人で寂しいのであれば誰かと無理矢理な赤間を持つという必要も特にありません。

自分がやりたいというような趣味を休日に一気に当てて充実した日々を過ごすっていうだけで十分だと思います。

サウナが好きであれば新しいサウナを開拓しに行く体を鍛えるのであれば休日会員になってジムを満喫するというように何かやり遂げたという充実感はひとりでも十分得ることができます。

飲み屋の常連になり気のいい相手を探す

休日寂しいのであれば、常連さんがいるような居酒屋に行って自分も常連の仲間入りするというのもオススメのひとつ。

常にいる、話し相手がいれば休日が誰とも喋らなかった寂しいということもなくなります。

飲み仲間同士でイベントがあったり、時には恋人になることもあるでしょう

ネカフェ

特に何もやることがなければ、ネットカフェに行って、マンガやインターネットを歌っただ時間がある限り、むさぼるというのも一つの休日の潰し方。

普段気になる気になった漫画を読み漁るだけでも十分いい経験になります。

最近は設備もよく飲み物やアイス、食事も充実してますから1日つぼ脛には十分な環境

掃除洗濯家の周りの管理

休日充実した日々を送るのであれば、掃除洗濯家周りの管理をやってみる普段やらない事をとことんやるだけでも満足感は違います。

特に大掃除をした後の自分の家の比較がうざいを見ると、ああやっぱやってよかったなぁという充実感が心の中に広がり、部屋どころか心までも綺麗になったような清々しささえ覚えます。

マッチングアプリで異性の友達を探す

どうしても1人で寂しくて、何か仲間が欲しいパートナーが欲しいと思うのであれば、マッチングアプリを利用するといいです。

無駄な時間やお金もかけることなく新しい出会いを探すことができるのは今はマッチングアプリが一番と言っていいでしょう。

先程陽気で紹介したことと併用して、マッチングアプリでパートナーを探せばこんなに充実した人なんだというアピールにもつながります。

決して、今1人だからといって寂しいと思う必要はありません

ベネフィット
休日の予定が3ヶ月先までびっしりになります。

ご飯友達欲しい一人飯は寂しい二人以上なら幸せになれます

1人休日ご飯を食べるのが寂しい

一人で休日ご飯を食べるのも寂しい、せっかくの休日楽しくご飯を食べてくれる相手が欲しい。

ヨーロッパでは誰かと食事をするのが当たり前で、1人で食べていると異常な人と思われます。

それだけ食事は誰かと一緒に食べるというのが当たり前であって、価値があるもの。

確かに誰かと一緒に美味しいご飯を食べると幸せな気持ちになります

共感
一人だと行けるお店もぐっと減っていつもと変わらない食生活になりがちですよね

  • ネットでマスコミで有名なお店に付き合ってくれる人がいたら楽しい
  • 外食が趣味だと共通の趣味を持つ人と楽しみたい
  • 飯友を探している人は実は多いのです
  • いつもと同じ相手と食事するのも飽きます。

残念ですが、今の時代忙しく外食していてもスマートフォンを片手にご飯を食べている人はとても多くなりました。

飲食店をやっている私が言うから、それだけ顕著です。

確かに今はスマートフォン1台あれば孤独を感じないまま食事をすることはできますが、やはり傍から見たら楽しくないもの。

もっと楽しいのであれば一緒に面と向かって食べるというのが一番、そんなパートナーは今では簡単に見つけるようになりました。

ご飯友達が欲しいのに休日1人ご飯を食べる原因

  • 異性だと下心があると思われ警戒される
  • 飯だけの関係というのもタカリと思われる
  • お互いのスケジュールがなかなか合わない
  • 好き嫌いがあり共通の趣味が見つからない

学生の頃であれば比較的お金がなくても一緒にご飯に行こうと言って誘いに乗ってくれる人は多くいました。

しかし、社会人になってみるとスケジュールが合わない、何か下心あるのではないかと警戒されてしまい1人で食事になりがち。

一番辛いのは土日の昼食どこ行こうにもカップルやファミリーだらけで1人でご飯を食べに行くというのはわりかしらハードルが高くなってしまいます。

ラーメン屋でさえカップルが多く嫌な気分になりますね。

ご飯友達を欲しい場合の解決方法

残念ですが、今一人でご飯を食べてる横にいきなり寄り添ってくれるようなアニメや漫画のような展開は期待できません。

女性でヨーロッパ旅行にでも行けば話は別でしょうが…。

現実的には自分から進んで相手を見つける必要があります。しかし努力も気合も必要ありません。

自然の流れで見つかるからです。

飯友募集のtwitterで見つける

Twitterでランチだけの友達募集をかけるというのは一つの方法。

複数人で集まってワイワイ食べるということはできるので、どちらかというと若者向け。

いきなり突発で会うというよりも、フォロワー同士になって仲良くなってじゃあご飯に行きましょうか。

という関係になるので少し手間はかかります。

それでもネット上の仲間ができればそれだけ休日楽しい食事になることは間違いないでしょう

飯友募集掲示板で探す

TwitterやFacebookが主流ですが、未だに掲示板で、飯友募集というのは現在のやり方です。

特にどっかのホームページの掲示板から、常連同士仲良くなってご飯に行きましょう。

というようなパターン。

今ではSNS全盛期ですが、時にはブログやホームページの掲示板が活発なところもあります。

馴染みの店で友達を探す

休日1人で行っても寂しくない違和感のないようなところに常連になると共通の友人を探すことができます。

どちらかというと居酒屋になってしまいますが、足しげく大体3回くらい通ってマスターやママさんと仲良くなると常連さんとも仲良くなるといういい関係を構築することができるでしょう。

普段1人で飲んでいるような居酒屋からみんなでわいわいあるような活気のあるところに足を運んで見ると、おすすめします。

すぐ相手が見つかるマッチングアプリを利用する

休日1人でご飯を食べて寂しいという人は、実は多くおり、そんな人同士今では簡単にマッチングできるようになりました。

マッチングアプリを使えば、寂しい、ただご飯が食べれたらいいなぁという人同士が集まることができるので、ちょっと今度の土曜日丸々でご飯食べに行きませんかとメッセージをすれば割と知らすぐに相手が見つかることができます。

おごり目的だったりという場合もありますが、1人でご飯を食べるよりも全然いいです。

1人だと入れないようなオシャレな店も2人で入れば話のネタにもなりますし、今後の冷凍スポットとしても利用が可能です。

ベネフィット
毎日楽しいランチをSNSにアップすることができます。

休日何食べようかとワクワクする毎日を得られます。

異性の友達が欲しいけどコミュ障で作れないなら趣味から突撃

異性の友達が欲しいけど、コミュ障で作れない…

異性の友達がいると、普段知らないことが知れたりなんだかんだで同性といるよりも新しい気づきや楽しいこと。

ドキドキワクワクがあって、人生の幅が広がります。しかし異性の友達というのができないという人も多くいます。

なんだかんだで意識してしまうということや、今までの人生経験で異性の友達を作った経験が浅いと難しいというのは間違いありません。

しかし、今ではインターネットの繋がりによって同じ趣味の人や同じ価値観を持つ異性と知り合う機会は増えました。

そして出会うツールも多々あります。

間違えないツールさえ使ってしまえばコミュ障でも友達を作ることは十分可能です。

  • 共感
    社会人になると絶望的に出会いがないですよね。
  • 男だらけの職場だと本当に出会いがないですよね
  • いつくになっても異性との交流は人生を充実させます
  • 今いくつになったとしても異性の友達をつくることは簡単です
  • 異性の友達がいるとご飯やお酒の楽しくなりますよね

今まで異性とは無縁の人生でしたが、趣味をきっかけに異性の友達を多く持つようになりました。

そして彼女も作り、人生を楽しいと思えるような日々を過ごすようになっています

異性の友達が欲しいけど作れない原因

  • 今の環境で異性の友達が作れないのは仕方ないしできない
  • 社会人になると警戒心が強くなりよそよそしくなる
  • 異性慣れしていない

人生の生き方において、学生時代、大学、社会人と異性の存在が少ない環境で育ってしまうとどうしても異性を意識してしまい、友達になるということは難しくなってしまいます。

それは年を追うごとにより女性として意識してしまったり、男性として意識してしまったりということもあり、自分を出すのが難しい、そしてどう思われてしまうか恥ずかしいと思ってしまう面もあり、より難しくなってしまいます。

両親に姉がいる弟は結構モテるという傾向がありますよね。

それは小さい頃から年上の女性と親しく普通に話せる機会が多かったため。

他の女性に対してもソフトな印象で会話ができる意識していないからこそ持てると言うことです。

つまりは意識せず、絶対数を増やしていけば友達を増やすことや恋人を作るということも十分可能と言う事。

異性の友達を作る解決方法

  • ランチ限定で友達を探す
  • 習い事で共通の話題を見つける
  • ボランティアやイベント設営のスタッフになる
  • 異性の多いバイト
  • 異業種交流会
  • ペットを飼っているならそれをきっかけにオフ会
  • マッチングアプリ
  • 異性が多い飲み屋で常連になる
  • 街コン

異性の友達を持つと言っても、

「いきなり私と友達になりませんか」

と道を歩いてる人にお願いしても、まず気持ち悪がられたり無視されたり、まず相手してくれることはありません。

できれば何かのきっかけによって共通点を見出し、そこから仲良くなるというのが自然な友達作りになります。

共通の趣味から仲良くなる

例えば共通の趣味から知り合って仲良くなるというパターン

社会人であれば新しい習い事を始めてそこから仲良くなる。

私の場合はいい年してからサーフィンの教室に通ってみましたが年下で若い女子大生とも普通に友達になることができました。

普通ではあり得ないことですがサーフィンという趣味のきっかけと大自然を相手に一緒に共通のことをやるという共有意識が芽生え自然と話すように。

初日でハイタッチしたり褒めあったりと楽しいこと

今でもSNSで繋がってるようになっています。

恋人にはなっていませんがSNS上でいまだに繋がっており、いい関係を続けています。

SNSで共感できる異性を見つける

ネット上でも同様に、今ではTwitterやInstagram Facebookなどで自分の価値観が合うような人というようなものはツイート上で流れてくると思います。

自分が気になる趣味を検索してそこからのツイートを見て

「あ、この人自分の価値にあってるなー」

という人がいれば喜んでリプライやDM、返信をしてみるといいでしょう。

そうすると多くのフォロワーがいる人以外では、喜んで返信してくれます。

そこから関係が築けるということも多くあります。

残念ながら自分から進んで絡んでいかなければ友達は作れません。

もしくは自分がSNS上で発信を頻繁にしておけば絡んで来る人もいるでしょう。

異性の友達が欲しい同士が集うマッチングアプリを利用する

手短に、友達をその日に、見つける短期間で知り合うのであれば、マッチングアプリがオススメです。

こちらも今日暇だし友達がいない、どうにかしたいという人達が多く、エントリーしているアプリ。

昔こそ出会い系は怪しい人は使うというものでしたが、スマートフォンの台頭後はアプリをアップルやグーグルが管理してくれるため、怪しいものはだいぶ淘汰されています。

気になる異性を見つけてメッセージを送るだけでも結構高い確率で返信は来ますし、そこから発展してスグに出会って食事に行ったり、飲みに行ったりするということも十分可能です。

なんとなく木曜日の夜に初めて、土曜日の昼ぐらいにランチ行きませんかというメッセージを送りまくったら3人ぐらいから返信が来て、その内1人と食事に行って今でもたまに一緒に食事に行ったり、夜の関係も続いたりとかしています。

昔では考えられなかったことが今では簡単にできるようになって、とても便利な世の中になったなぁと感じました

ベネフィット
ラインのメッセージに華がでます

休日の過ごし方が充実します

社会人遊び相手探し方はスマホで平日ポチポチすれば見つかります

社会人友達が減った寂しいどうしたらいい?

社会人になったら、学生時代につるんでいた友人とも疎遠になって1人で休日を過ごすことも多くなりがちです。

社会人になって友達と遊ぶ機会がめっきり減って休日は一人で過ごすことが増えた毎日同じような休日の繰り返しでハリがない寂しい…

  • 共感
    今日の休日もいつも通り起きてネットして夕方買い物行って酒飲む毎日
  • 朝早く起きても今日何しようにも一人で時間を持て余している
  • 友達はいるけどみな社会人で忙しい、集まるといっても数週間前から予定たてないと厳しい
  • 同世代は結婚もして子供いて遊ぶのはまず無理

よほどのリア充で、仕事も遊びも充実した人生を送らない限り友達はそういません。

1人で休日を過ごしてしまう人という方が多い決まっています。

皆が皆休日にウェイウェイやってる訳ではありません

そして、貴重な休日今日も生産性がない休みを過ごしてしまった…。

という後悔を引きずり布団に入り、そして週明け会社に行く日々。

残念ながら今の現状であなたを誘ってくれる人というのはいません。

ですから、自分自身で動かないと友達はできないのが現実。

だからといって無理やり重い腰を強制的に上げて、疲れるほどする必要はゼロ。

できる限り休日ベッドの中でスマートフォンをいじって、そこから友達を探すというやり方が一番効率が良く快適な楽しい休みを過ごすことができます。

社会人遊び相手がいなくなる理由

  • 皆忙しいので急に遊ぼうというノリが通用しない
  • 自分もなんだかんで疲れているので旅行ほどではない軽い遊びはできない中途半端な時間
  • 社会人になって学生のノリでは遊べない
  • 下手な掲示板やサークルだとマルチ商法や宗教勧誘に巻き込まれる

社会人になって友達がいなくなるというのは当然のことです。

稀に同僚で仲良くなって一緒に休日をに過ごすという場合もありますが、会社の中でそんなに仲の良い人が出来ないとどうしても1人になりがち。

彼女もいなければ結婚もしていないと尚更。

ただ、そんな人は多いので安心してください。

給料も低いですし、休日も少ないと体を休めて家のことをやってたらあっという間に夕方。

1日も終わりで、翌日会社そんな日も多いですが、休みは休みなので割り切ってしまいましょう。

社会人遊び相手がいない状態から見つける方法

  • 趣味のSNSやブログを立ち上げてそこから仲間や友達を探す
  • 行きつけのバーや居酒屋を探し常連のメンバーで楽しむ
  • 地元の趣味サークルや習い事を始めてきっかけを増やす
  • 飲み友募集のマッチングアプリで探す
  • 婚活サイトで気軽に行ってみる

社会人になって友達を探すというのは、膨大な労力を必要としてしまいます。

そして社会人という立場になってしまい、学歴や社会人フィルターが入ってしまいなかなかおいそれと

友達になりましょう

と言って友達になってくれるという人も少なくなってしまいます。

というわけで、そういった垣根のない付き合いができる関係を目指すようにしましょう。

飲み屋の常連から友達付き合いをはじめる

解決方法は共通の話題のある友人を探すということ簡単な方法であれば行きつけの居酒屋の常連になってそこから人間関係を発展させる。

常連になればマスターもこの人はいつも来てくれていい人だと認識してくれるので愛想よくしていれば何かしら良くしてくれることは間違いありません。

これは飲食をやっていたり、バーのマスターとの知り合いもいますがそういった人は本当にありがたい、場の空気を良くしてくれる、そしていい人があれば紹介してあげたいと

も言ってくれるのが事実。

愛想よくして礼儀正しくお客だけど、お店のことをリスペクトしながら通うようにすれば自然と仲の良い人も見つかります。

あわよくば彼女も見つかるでしょう

なにかしらの趣味を持つことは人生も豊かになる

社会人で忙しいですが、何かしらの趣味を一つでも持つということはこれからの人生を送る上で良い影響をもたらしてくれます。

インドアでもアウトドアでも良いですが、普段インドアの仕事をしてるのであれはアウトドア系の趣味を持つというのは精神のバランスが取れて良いです。

何かしらあっこれ興味あるなーと思った事に参加してみると結構良いきっかけ。

今までキャンプなんかしたことないけど、キャンプに興味があれば、そんなSNSの人に

「キャンプ興味あります、キャンプ詳しいですから教えてください」

と言ったように絡んでいけば

初心者に教えてあげたいという教えたがりの人もいます。

そこから人間関係が発達し、友達として付き合うということもあるでしょう。

ハードルが高ければ初心者スクールというものがスポーツでも色々あるのでそこから参加して仲良くするのもおすすめです。

平日の暇つぶしがてらマッチングアプリや婚活アプリで友達探し

時間がないやる気もないお金もそこまでかけたくないというのであればマッチングアプリを使って同じような気軽に飲めて食事に行けるような友達を探すというのがオススメのヤリ方。

これであれば普段の仕事中の休憩時間や空いた時間にいいなぁと思う女性を探して気軽にメッセージを送るだけ

あわよくば休日遊びに行きましょう飲みに行きましょうというようなメッセージでタイミングが合えばいいですね行きましょうという反応もちらほら帰ってきます。

3ヶ月で6人2週間で1人の割合で遊びに行けた

三ヶ月ぐらいやってみましたが大体二週間に一人ぐらいは会えるといったペース三ヶ月で六人ローテ病的ではないでしょうか。

2週間に1度、新しい人と知り合えて、そして、異性と楽しく食事や飲みができる、当然、こいつあまり合わないなぁという人もいます。

しかしずっと続けていればあの人ほんと友達になりたいなーとか5人になりたいなーということもあるので続けてみるのはオススメのやり方。

新しい人間関係が広がればそれだけ人生経験も広がります。

会社の同僚と話してても、お前いろんなこと知ってるなぁ、色々俺にも教えてよというような、同僚よりも社会経験や人間経験が上がったような気がして少し優越感に浸っています

ベネフィット
仕事もプライベートも需実した毎日をおくれます。