ご飯友達欲しい一人飯は寂しい二人以上なら幸せになれます

1人休日ご飯を食べるのが寂しい

一人で休日ご飯を食べるのも寂しい、せっかくの休日楽しくご飯を食べてくれる相手が欲しい。

ヨーロッパでは誰かと食事をするのが当たり前で、1人で食べていると異常な人と思われます。

それだけ食事は誰かと一緒に食べるというのが当たり前であって、価値があるもの。

確かに誰かと一緒に美味しいご飯を食べると幸せな気持ちになります

共感
一人だと行けるお店もぐっと減っていつもと変わらない食生活になりがちですよね

  • ネットでマスコミで有名なお店に付き合ってくれる人がいたら楽しい
  • 外食が趣味だと共通の趣味を持つ人と楽しみたい
  • 飯友を探している人は実は多いのです
  • いつもと同じ相手と食事するのも飽きます。

残念ですが、今の時代忙しく外食していてもスマートフォンを片手にご飯を食べている人はとても多くなりました。

飲食店をやっている私が言うから、それだけ顕著です。

確かに今はスマートフォン1台あれば孤独を感じないまま食事をすることはできますが、やはり傍から見たら楽しくないもの。

もっと楽しいのであれば一緒に面と向かって食べるというのが一番、そんなパートナーは今では簡単に見つけるようになりました。

ご飯友達が欲しいのに休日1人ご飯を食べる原因

  • 異性だと下心があると思われ警戒される
  • 飯だけの関係というのもタカリと思われる
  • お互いのスケジュールがなかなか合わない
  • 好き嫌いがあり共通の趣味が見つからない

学生の頃であれば比較的お金がなくても一緒にご飯に行こうと言って誘いに乗ってくれる人は多くいました。

しかし、社会人になってみるとスケジュールが合わない、何か下心あるのではないかと警戒されてしまい1人で食事になりがち。

一番辛いのは土日の昼食どこ行こうにもカップルやファミリーだらけで1人でご飯を食べに行くというのはわりかしらハードルが高くなってしまいます。

ラーメン屋でさえカップルが多く嫌な気分になりますね。

ご飯友達を欲しい場合の解決方法

残念ですが、今一人でご飯を食べてる横にいきなり寄り添ってくれるようなアニメや漫画のような展開は期待できません。

女性でヨーロッパ旅行にでも行けば話は別でしょうが…。

現実的には自分から進んで相手を見つける必要があります。しかし努力も気合も必要ありません。

自然の流れで見つかるからです。

飯友募集のtwitterで見つける

Twitterでランチだけの友達募集をかけるというのは一つの方法。

複数人で集まってワイワイ食べるということはできるので、どちらかというと若者向け。

いきなり突発で会うというよりも、フォロワー同士になって仲良くなってじゃあご飯に行きましょうか。

という関係になるので少し手間はかかります。

それでもネット上の仲間ができればそれだけ休日楽しい食事になることは間違いないでしょう

飯友募集掲示板で探す

TwitterやFacebookが主流ですが、未だに掲示板で、飯友募集というのは現在のやり方です。

特にどっかのホームページの掲示板から、常連同士仲良くなってご飯に行きましょう。

というようなパターン。

今ではSNS全盛期ですが、時にはブログやホームページの掲示板が活発なところもあります。

馴染みの店で友達を探す

休日1人で行っても寂しくない違和感のないようなところに常連になると共通の友人を探すことができます。

どちらかというと居酒屋になってしまいますが、足しげく大体3回くらい通ってマスターやママさんと仲良くなると常連さんとも仲良くなるといういい関係を構築することができるでしょう。

普段1人で飲んでいるような居酒屋からみんなでわいわいあるような活気のあるところに足を運んで見ると、おすすめします。

すぐ相手が見つかるマッチングアプリを利用する

休日1人でご飯を食べて寂しいという人は、実は多くおり、そんな人同士今では簡単にマッチングできるようになりました。

マッチングアプリを使えば、寂しい、ただご飯が食べれたらいいなぁという人同士が集まることができるので、ちょっと今度の土曜日丸々でご飯食べに行きませんかとメッセージをすれば割と知らすぐに相手が見つかることができます。

おごり目的だったりという場合もありますが、1人でご飯を食べるよりも全然いいです。

1人だと入れないようなオシャレな店も2人で入れば話のネタにもなりますし、今後の冷凍スポットとしても利用が可能です。

ベネフィット
毎日楽しいランチをSNSにアップすることができます。

休日何食べようかとワクワクする毎日を得られます。