上京したけど友達がいない寂しい心を支えてくれる友達の作り方

上京したけど友人知人は地元で友達がひとりもおらず寂しい

地元だと友達はたくさんいたけど、いざ上京してみると、頼れる人間は誰1人おらず家に帰っても自分だけ今までなかった、孤独に押し潰されそうになっている現状を友人知人もおらず、どうしたらいいかわからない。

共感

  • 慣れない土地でひとりでいるのはいろいろ堪えるものがありますよね
  • せっかくの新しい土地に来たのに土日やることがないのは寂しい
  • 以外とやることは多いので友達探す時間も見つからない
  • 今日暇だなぁ寂しいなぁと思う上京者は多いので意外とすぐ友達見つかります。

新しい土地慣れない土地で新しい人生を歩むと周りには誰1人知り合いもおらず、常に孤独を付きまとう状態となってしまいます。

私も上京したてはそうでしたしかし、新しい出会いのチャンスとも言っていいでしょう。

その孤独を受け入れ、新しい出会いを見つければ自然と友人も増えていきます

オススメなのは当面の資金をどうにかするためのバイトを始めるというところがベターでしょう。

多少きつくてもいろんな人と知り合えるようなバイトを選べば友達を多く作ることは意外と簡単です。

上京しても友達ができない原因

  • 思った以上にやることが多いので友達を増やすようなイベントに参加しにくい
  • 上京して仕事しても周りの年齢層が違うと友達が全然できない
  • 使えるお金が限られているので行動力が落ちる

だって、は、どうしてもやることも多く、新しい土地を慣れるためにも色々やらなくてはいけません。

家具を揃えたり、料理を覚えたり、知らない土地の土地勘を得るために動いてみたりはたまたもう既に就職が決まっている場合はすぐ仕事をしなくてはいけません。

意外と感じるのは時間がないということと。

出費が意外とかさむということ、友達を作ろうとしてもある程度まとまった時間は必要となってきますですが、その時間も得ることができないので友達が作りにくくなっているという点。

またある程度年齢がいってしまうと壁ができてしまい、人間関係が煩わしくなってしまうというのも一つの原因でしょう。

上京して友達がいない場合の心を埋める解決

  • SNSやブログを活用して発信する、同じ境遇の人がいれば積極的に絡む男性女性問わず
  • 地元が近い街コンに参加し異性の友達を探す
  • 趣味があれば趣味関連のオフ会に参加
  • 時間があれば同世代が多いバイトをする
  • マッチングアプリで同じ境遇の人を探すと見つかりやすい

学生であればまずバイトを始めてみるというのが一番友達を作りやすいきっかけになります。

同世代が多そうなアルバイトを探すというのがオススメ、時給が高くても年齢層が高いところや1人でやらなきゃいけないというバイトよりも、みんなでワイワイできる、バイトの方がいいです。

特に居酒屋やファーストフードゲームセンターなどは比較的出会いやすい職場あえてオシャレなカフェに行くというのも人間関係が広がります。

時給自体は昼の仕事だとあんまり高くはありませんが、これは友達を作るついでと割り切ってバイトを始めるといいかもしれません。

仲良くなれば一緒に遊びに行ったり飲み会を開催するなどもあるのでオススメ。

ネットであればSNSやブログで積極的発信

ネットで出会う場合は、SNSを使って寂しさをアピールするというのもいいでしょう。

また、せっかく都会に来たわけですから、趣味の活動を広げるようにするといいかもしれません。

イベントごとも地方では考えられないくらいに頻繁にあるので、自分が気になるイベントごとに毎回足を運び、同じ参加する人とSNSで繋がってリアルに会うというのもひとつのやり方です。

そこから友好関係を広げるというのは、おすすめのやり方

上京して寂しい人同士をつなげるマッチングアプリを利用する

恋人ついでに友人を探すと言うので有れば、マッチングアプリがおすすめマッチングアプリは寂しいという気持ちにすっと入ってくれたアプリと言っていいでしょう。

Twitterと違って、本当に出会いたい人向けに開発されているので煩わしさはありません。

飲み友達やご飯友達を探す目的で気軽に会うことができますし、話が合えばいずれ恋人になるということも

ベネフィット
上京した新しい土地でも楽しいと思える毎日がやってきます