30代友達いない寂しい大人の友情の作り方

30代になって友達がおらず休日が寂しい

30代になってしまうと、周りも結婚していたり、子供が出来ていたり、仕事が忙しくなかなか会う機会もめっきり減ってしまい、また新しい友達を作るというのもリアルな現実では難しいもの。

たまに何もしない休日、誰もいないと孤独が押し寄せてきて寂しく感じますよね

共感

  • 休日やることが毎回同じ事の繰り返しでハリのない日々が続いている
  • 友人はいるけど結婚したり子供もいたりで時間が合わない
  • 20代に比べて価値観が変わる人も多くなかなか同じ価値観が合う人がいない
  • ちょっとした休みで今日遊ぼうというパターンが少ない
  • 積極的に友達を探そうという気力も実はない
  • 友達今0でも平日ちょろっとやるだけで友達は増えます
  • 孤独だからといって負け組じゃありません。
  • 友達いない30代なんて割と多いものです自分だけじゃありません

今の時代、スマートフォン1台あれば新しい友達作りは十分可能です。

多様性のある時代ですから30代で孤独な人も多くおり今では普通。昔に比べて遥かに簡単になりました。ただ、自分がいかに受け入れられる体制をとるかだけです。

30代友達ができずに寂しい思いをする原因

  • 時間がない、割と面倒臭い、だけど寂しいという矛盾
  • 価値観が合う人を探すのは30代と割と難しい
  • 30代になるとだれからから友達になろうと言われることはない
  • 家族持ち、子供持ちも多い

大人になればなるほど、友達を作るというのは面倒くさくなることは仕方ないことです。

小さい頃に比べて周りの知らないところに遊ぼうと言ってすぐに友達になるというようなこともなかなか難しいです。

まずは普通に出ようとしても職業柄や年収などの壁が立ちはだかり、さらに友達付き合いが難しくなるということも間違いありません。

30代友達居ない状態から友人を作る解決方法

  • 趣味系のSNSやブログを開設し、同じような価値観の人と交流する
  • 異業種交流会に参加する
  • 習い事を初めてみる
  • 居酒屋の常連になって常連仲間と仲良くなる
  • マッチングアプリで友達探し

リアルな出会いで友達を作るというのであれば、まず手短に、普段行き慣れている個人でやってる居酒屋で飲み仲間を作るというのは未だに有効なやり方です。

お酒の席であれば普段出せない自分も出せますし、相手も同じこと同じ飲み屋にいる仲間というところで連帯意識も芽生えます。

飲み仲間から盛り上がって一緒に遊びに行くということもよくある話で、周りが仲良かったら、グループで旅行にということも少なくありません。

スポーツをきっかで友達を見つける

またリアルで友達を作るので有ればスポーツからきっかけで出会うというのは良いやり方です。

一緒にスポーツをするというのは連帯感も生まれ何より気分も開放的で話しやすいまた競技について話すというきっかけもあるので年齢を問わず友達を作ることができます。

三十代からでもサーフィンを始めてみたりテニスやゴルフなどやれる範囲でやってみるのも良いでしょう。

お金がなかったらマラソン系でスポーツクラブが主催ししているイベントに参加するというのも良いきっかけです。

SNSやブログで自分を発信し共感する友人を見つける

ネットで友達を探すのであれば、趣味のSNSを開設し、そこから新しい出会いを探して行ったり、仲の良さそうな人共感できる人を探していくというのは一つの方法です。

趣味に特化したアカウントをSNS上、特にTwitterで持っておくと共感してくれる人も多く、そこからきっかけで友達を見つけることは十分可能です。

手短に探すならマッチングアプリは超便利

手短に今日暇だから会いたい、飲み友達が欲しいというのであれば、マッチングアプリがオススメです。

マッチングアプリであれば近所の人同士あってその日食事に行くというような使い方もできます。

特に女性も、今日暇で相手が誰もいないんだけど、ご飯1人では寂しいというようなことも多いので、そんな人と出会うというのは良いきっかけになります。

そこから発展して恋人になるということもありますし、ご飯友達になるということも

ベネフィット
毎日ライン通知が多くなります。